専門用語・業界用語

「電信扱い」とは?「文書扱い」との違いをわかりやすく解説!

この記事では、「電信扱い」と「文書扱い」の違いを分かりやすく簡単に解説します。

「電信扱い」とは?

「電信扱い」とは、文書の形式で行われるやりとりのことを指します。具体的には、電子メールやテキストメッセージなどの電子的なやりとりが該当します。

「文書扱い」とは?

「文書扱い」とは、書面や紙の形式で行われるやりとりのことを指します。例えば、手紙や書類の郵送、FAXなどが該当します。

「電信扱い」と「文書扱い」の違い

「電信扱い」と「文書扱い」の違いは、主にやりとりの形式にあります。電信扱いでは電子的な手段を使用して行われるため、瞬時にやりとりができます。一方、文書扱いでは書面や紙を使用するため、時間がかかることがあります。

「電信扱い」の例文

例えば、電子メールやテキストメッセージを使ってやりとりする場合、「おはようございます」という挨拶や「明日の会議に参加します」という連絡などが電信扱いとなります。

「文書扱い」の例文

一方、文書扱いでは、手紙や書類の郵送、FAXを使ってやりとりする場合が該当します。例えば、面接の招待状や契約書の提出などが文書扱いとなります。

まとめ

「電信扱い」とは電子的な手段でやりとりをすること、「文書扱い」とは書面や紙を使用してやりとりをすることを指します。電信扱いでは瞬時にやりとりができますが、文書扱いでは時間がかかることがあります。