専門用語・業界用語

「防炎」とは?「難燃」との違いをわかりやすく解説!

この記事では、「防炎」と「難燃」の違いを分かりやすく簡単に解説します。

「防炎」とは?

防炎とは、物質や製品が火災の原因となる燃烧を防ぐ性質や機能を指します。防炎処理された材料は、燃焼能力が低くなるため、火災の拡大を抑制することができます。

「難燃」とは?

難燃とは、物質や製品が燃焼する能力が非常に低いことを指します。難燃性のある材料は、燃焼時に煙や有毒ガスを発生させにくくなるため、火災の被害を最小限に抑えることができます。

「防炎」と「難燃」の違い

防炎と難燃は、いずれも燃焼を防ぐ性質を持っていますが、その違いは次のとおりです。

・防炎は、火災の拡大を抑制するために材料の燃焼能力を低下させることに重点を置いています。
・難燃は、燃焼自体を抑制するために材料の燃焼能力を非常に低くすることに重点を置いています。

つまり、防炎は燃焼を遅延させ、火災の拡大を抑制する効果があります。一方、難燃は燃焼そのものを抑制するため、火災の被害を最小限に抑えることができます。

「防炎」の例文

防炎材料を使用することで、建物の耐火性能を向上させることができます。防炎処理されたカーテンは、火災が発生した場合でも燃え広がりにくくなります。

「難燃」の例文

難燃性のある素材で作られた電気ケーブルは、高温環境でも燃えにくくなっています。これにより、火災のリスクを軽減することができます。

まとめ

「防炎」と「難燃」は、共に火災防止のために重要な性質を持っています。防炎は燃焼を遅延させ、火災の拡大を抑制する効果があります。一方、難燃は燃焼そのものを抑制し、火災の被害を最小限に抑えることができます。適切な材料や製品を選ぶことで、火災リスクを軽減することができます。