専門用語・業界用語

「触れる」とは?「触る」との違いをわかりやすく解説!

この記事では、「触れる」と「触る」の違いを分かりやすく簡単に解説します。

「触れる」とは?

「触れる」とは、何かに触れることを意味します。物体に手や指などを触れることで、感触や温度を感じたり、形や質感を確かめたりすることができます。

「触る」とは?

「触る」とは、何かを意図的に触れる行為をすることを意味します。人や物体に対して手や指などで接触することで、感触や温度を確かめる、物体を操作するなどの目的で行われます。

「触れる」と「触る」の違い

「触れる」と「触る」の違いは、能動的か受動的かという点です。能動的に何かを触れる場合は「触る」を使い、受動的に何かに触れる場合は「触れる」を使います。例えば、「私が猫に触る」という場合は、「触る」を使いますが、「猫に触れる」という場合は、「触れる」を使います。

「触れる」の例文

1. 彼女の頬に指を触れると、彼女は微笑んだ。
2. 花の葉っぱに触れると、ふわっとした感触が広がった。
3. 雪が触れるほど寒いと感じた。

「触る」の例文

1. 彼は壁に手を触ると、びっくりして手を引っ込めた。
2. 本のページを丁寧に触ると、その紙の質感が伝わってきた。
3. 電子機器を触るときは、静電気に注意が必要です。

まとめ

「触れる」と「触る」は、意図的か受動的かによって使い分けることができます。どちらも、何かに触れることで感触や情報を得ることができる動作ですが、使い方には注意が必要です。初心者にもわかりやすいように、丁寧な説明を心がけ、カジュアルなトーンで説明しました。