専門用語・業界用語

「横断」とは?「縦断」との違いをわかりやすく解説!

この記事では、「横断」と「縦断」の違いを分かりやすく簡単に解説します。

「横断」とは?

横断とは、ある範囲や領域を横切ることを指します。例えば、道路や川を横切ることなどが挙げられます。

「縦断」とは?

縦断とは、ある範囲や領域を縦に通過することを指します。例えば、山や建物の縦の断面を調査することなどが挙げられます。

「横断」と「縦断」の違い

横断と縦断の違いは以下の通りです。

– 横断は横に移動することを指し、縦断は縦に移動することを指す。
– 横断はある範囲を横切ることを意味し、縦断はある範囲を縦に通過することを意味する。

「横断」の例文

以下に「横断」の例文を示します。

1. 道路を横断する際は、信号を守って渡るようにしましょう。
2. プレーヤーは相手の陣地を横断し、ゴールに向かって走ります。

「縦断」の例文

以下に「縦断」の例文を示します。

1. 地図の縦断によって、山岳地帯の変化を詳しく調査しました。
2. 建物の縦断図を見ると、内部の構造が一目でわかります。

まとめ

今回は、「横断」と「縦断」について説明しました。横断はある範囲を横に移動することを指し、縦断はある範囲を縦に移動することを指します。例文を通じて、それぞれの使い方を理解しましょう。