専門用語・業界用語

「実際」とは?「実質」との違いをわかりやすく解説!

この記事では、「実際」と「実質」の違いを分かりやすく簡単に解説します。

「実際」とは?

「実際」とは、物事が現実に存在することや、実際の状況を指す言葉です。

「実質」とは?

「実質」とは、事実上の状態や本質的な性格を指す言葉です。

「実際」と「実質」の違い

「実際」と「実質」は、意味は似ていますが、使われる文脈やニュアンスに違いがあります。

「実際」は、具体的な現実や実際の事実を指す場合に使われます。例えば、「実際に彼に会って話を聞いた」というように、直接経験した現実を述べる際に使います。

一方、「実質」は、物事の本質や事実上の状態を指す場合に使われます。例えば、「実質的には彼がリーダーだ」というように、事実上の状態や本質的な性格を表現する際に使います。

「実際」の例文

1. 実際にその商品を使ってみて、使い勝手が良かったです。
2. 実際の統計データを見ると、犯罪件数は減少傾向にあることが分かる。

「実質」の例文

1. 彼の役職は部長ですが、実質的にはすべての決定権を持っています。
2. この政策は表面的な変化は少ないですが、実質的には大きな影響を与えるでしょう。

まとめ

「実際」と「実質」は、似たような意味ですが、使い方やニュアンスに違いがあります。どちらも具体的な現実や事実を表現する際に使われますが、「実際」は直接経験した現実を、一方「実質」は事実上の状態や本質的な性格を表現します。