専門用語・業界用語

「言い訳」とは?「言い分」との違いをわかりやすく解説!

この記事では、「言い訳」と「言い分」の違いを分かりやすく簡単に解説します。

「言い訳」とは?

「言い訳」とは、自分の行動や結果に対して、その原因や責任を他の要素や状況に帰することです。言い訳は、自分の過失や不十分さを隠すために用いられることもあります。

「言い分」とは?

「言い分」とは、自分の意見や主張を述べることです。言い分は、自分の意見や考えを相手に伝えることで、誤解や争いを回避するのに役立つことがあります。

「言い訳」と「言い分」の違い

「言い訳」と「言い分」の違いは、主にその目的や意図にあります。

「言い訳」は、自分の責任や過失を他の要素や状況に帰することで、自己弁護や責任転嫁をすることが主な目的です。

一方、「言い分」は、自分の意見や考えを相手に伝えることで、誤解や争いを回避することが主な目的です。相手に自分の主張を正当化するために用いられることもあります。

「言い訳」の例文

以下に「言い訳」の例文をいくつか紹介します。

1. 「ごめんなさい、遅刻したのは電車が遅れたせいです。」
2. 「仕事が難しかったので、ミスをしてしまったんです。」
3. 「試験の問題が難しかったから、点数が低かったんです。」

これらの例文は、自分の責任や過失を他の要素に帰していることがわかります。

「言い分」の例文

以下に「言い分」の例文をいくつか紹介します。

1. 「私は頑張って仕事をしていますが、報酬が少ないです。もっと評価してほしいです。」
2. 「遅刻したのは電車の遅れのせいではなく、前の仕事が予想以上に長引いてしまったからです。」
3. 「私がミスをしたのは、他のチームメンバーが私に必要な情報を提供してくれなかったからです。」

これらの例文は、自分の意見や考えを相手に伝えることで、誤解や争いを回避しようとしています。

まとめ

「言い訳」と「言い分」は、自分の行動や結果を他の要素や状況に帰してしまうことと、自分の意見や考えを相手に伝えることの違いがあります。自己弁護や責任転嫁をするために「言い訳」を用いる一方で、誤解や争いを回避しようとして「言い分」を用いることもあります。プロであるあなたも、初心者にもわかりやすく丁寧な言葉遣いとカジュアルなトーンで、この違いを伝えることが大切です。