専門用語・業界用語

「脚注」とは?「注釈」との違いをわかりやすく解説!

この記事では、「脚注」と「注釈」の違いを分かりやすく簡単に解説します。

「脚注」とは?

脚注とは、文章や論文などにおいて、本文の一部に追加情報や補足説明を付けるための注釈のことです。主に文末に数字や記号を付けて、本文中の特定の箇所と対応させます。

「注釈」とは?

注釈とは、文章や論文などにおいて、本文中の特定の言葉や文に対して補足説明や解説を行うための追加情報のことです。主に本文中に括弧書きや別の記号で示し、必要な情報を提供します。

「脚注」と「注釈」の違い

脚注と注釈は、似たような役割を持っていますが、違いも存在します。

脚注は、本文中の特定の箇所に対しての追加情報や補足説明を与えるための注釈であり、主に文末に数字や記号で示されます。一方で、注釈は、本文中の特定の言葉や文に対して直接の補足や解説を行うための追加情報であり、主に本文中に括弧書きや別の記号で示されます。

また、脚注は本文の一部として読むことはありませんが、注釈は本文の一部として読むことができます。

「脚注」の例文

例えば、以下のような文章に脚注を付けることができます。

「日本の首都は東京であり、人口はおよそ1400万人である[^1^]。」

[^1^]: 東京都の推計人口(令和3年12月1日現在、東京都公式ホームページより)

このように、本文中で脚注の番号を示し、実際の注釈内容は文末に記載します。

「注釈」の例文

例えば、以下のような文章に注釈を付けることができます。

「彼は非常に優れたギタリストで、多くの人々に影響を与えた(特にエリック・クラプトン[^1^]に)[^2^]。」

[^1^]: イギリスのロックミュージシャンであり、ギタリストとして高い評価を得ている。

[^2^]: 彼のギター演奏は、多くのミュージシャンに影響を与えた。

このように、本文中で注釈として追加情報を示し、注釈内容は本文中に括弧書きや別の記号で示します。

まとめ

以上が「脚注」と「注釈」についての説明です。脚注は本文中の特定の箇所に対しての追加情報や補足説明を与えるための注釈であり、主に文末に数字や記号で示されます。一方で、注釈は本文中の特定の言葉や文に対して直接の補足や解説を行うための追加情報であり、主に本文中に括弧書きや別の記号で示されます。