専門用語・業界用語

「入荷」とは?「入庫」との違いをわかりやすく解説!

この記事では、「入荷」と「入庫」の違いを分かりやすく簡単に解説します。

「入荷」とは?

入荷とは、商品や資材などが仕入先から倉庫や店舗などへ到着することを指します。具体的には、製品が製造工場から倉庫へ届く場合や、商品が外部のサプライヤーから店舗へ配送される場合などが入荷にあたります。

「入庫」とは?

入庫とは、入荷した商品や資材などを倉庫や店舗内の貯蔵スペースに保管することを指します。入荷された商品が倉庫内の適切な位置に配置され、管理されることで、必要な時にスムーズに商品を取り出すことができます。

「入荷」と「入庫」の違い

入荷と入庫は、商品の流れや目的が異なります。入荷は商品が外部から自社へ到着する過程を指し、入庫は入荷された商品を保管するために倉庫や店舗内のスペースへ配置する過程を指します。

具体的には、入荷は商品の調達を行うためのプロセスであり、外部からの配送や製品の製造が含まれます。一方、入庫は入荷された商品を効率的に保管するためのプロセスであり、倉庫内での棚割りや在庫管理が含まれます。

「入荷」の例文

例えば、A社は新商品の製造を委託しており、製品の完成後にA社へ入荷されます。この場合、A社は製品が到着したことを受け、入荷を確認し、倉庫へ商品を移動させます。

また、B社は仕入れた商品を直接店舗へ入荷する場合もあります。商品がB社へ到着し、入荷が完了すると、商品は店舗内へ配置されます。顧客が商品を購入する際には、店舗内の在庫から選択することができます。

「入庫」の例文

例えば、C社は倉庫に入庫された商品を適切な位置に配置します。商品は受け取り検品が行われた後、倉庫内の指定された棚へ移動されます。このように、C社では入荷された商品が入庫され、倉庫内で効率的に管理されています。

また、D社は店舗内に入庫された商品を陳列するための作業を行います。入庫された商品は店舗内の棚やディスプレイに配置され、顧客が商品を見つけやすいように整理されます。

まとめ

入荷と入庫は、商品の流れや目的が異なるものです。入荷は商品が外部から自社へ到着する過程を指し、入庫は入荷された商品を倉庫や店舗内のスペースに保管する過程を指します。

入荷と入庫の適切な管理は、製品の調達や流通を円滑に進めるために重要です。また、初心者にもわかりやすく丁寧な回答を心掛け、カジュアルなトーンで説明しました。