専門用語・業界用語

「テーマ」とは?「主題」との違いをわかりやすく解説!

この記事では、「テーマ」と「主題」の違いを分かりやすく簡単に解説します。

「テーマ」とは?

テーマとは、文や文章の中心となる概念やアイデアのことを指します。テーマは、作品や話題の核心を表すものであり、その内容や意図を読み手に伝える役割を果たします。

「主題」とは?

主題とは、一つの文や文章において、その中心となる特定の事柄やトピックのことを指します。主題は、具体的な内容や話題に焦点を当てることで、文章の明確さや一貫性を保つ役割を果たします。

「テーマ」と「主題」の違い

テーマと主題の違いは、次のように言えます。

テーマは、文や文章全体の中心的なアイデアや概念を表し、広範囲な内容や意図を伝える役割を持ちます。一方、主題は、一つの文や文章における特定のトピックや事柄に焦点を当て、具体的な内容を伝える役割を持ちます。

「テーマ」の例文

以下は、「テーマ」の例文です。

1. 「友情」をテーマとした小説は、多くの人々の心を揺さぶります。
2. 詩のテーマは、時の流れと人間の喜びと哀しみです。
3. この映画のテーマは「夢の追求」といえるでしょう。

「主題」の例文

以下は、「主題」の例文です。

1. この小説の主題は、「友情の大切さ」ということです。
2. 詩の主題は、「過ぎ去った時との別れ」という感情です。
3. この映画の主題は、「自己実現と成功の意義」というテーマです。

まとめ

テーマと主題は、文章や作品において重要な要素です。テーマは全体の中心的なアイデアや概念を表し、主題は一つの文や文章における特定のトピックや事柄を表します。このようにテーマと主題をうまく使い分けることで、文章の明確さや一貫性を高めることができます。