専門用語・業界用語

「開示」とは?「漏洩」との違いをわかりやすく解説!

この記事では、「開示」と「漏洩」の違いを分かりやすく簡単に解説します。
「開示」とは?

「開示」とは、情報やデータを公開・明示することを指します。具体的には、秘密情報や機密情報を他の人に知らせることや、情報を公開することを指します。

「漏洩」とは?

「漏洩」とは、本来非公開の情報やデータが外部に流出することを指します。例えば、個人情報や機密情報が外部に漏れることを指します。

「開示」と「漏洩」の違い

「開示」と「漏洩」は、情報やデータの流れ方に違いがあります。「開示」は意図的に情報を公開することであり、対して「漏洩」は本来非公開の情報が外部に漏れることです。

「開示」の例文

例えば、会社が新しい製品を発売する際に、その特徴や仕様を公開することが「開示」と言えます。顧客や消費者に対して情報を明示し、公平性や透明性を保つために行われる場合があります。

「漏洩」の例文

一方、「漏洩」は情報が意図せず外部に出てしまうことを指します。例えば、ハッカーによって個人情報やクレジットカード情報が盗まれるなど、セキュリティの問題が起きた場合に「漏洩」と言われます。

まとめ

「開示」とは情報を公開することであり、「漏洩」とは情報が外部に流出してしまうことです。「開示」は意図的に行われる場合もありますが、情報漏洩はセキュリティ上の問題として重要視されます。注意して情報を扱い、開示や漏洩の問題が起きないようにすることが重要です。