ビジネス・就職・転職

「実行」とは?「実施」との違いをわかりやすく解説!

この記事では、「実行」と「実施」の違いを分かりやすく簡単に解説します。

「実行」とは?

「実行」とは、ある行動や計画を実際に行うことを指します。行動や計画を具体的に成し遂げることを意味します。

「実施」とは?

「実施」とは、ある計画や方針を実際に実行することを指します。計画や方針を実際の現場で具体的に行うことを意味します。

「実行」と「実施」の違い

「実行」と「実施」の違いは、主に行動の範囲や対象にあります。一般的に、「実行」は具体的な行動を指し、「実施」は計画や方針を実現する行動を指すと言えます。

「実行」の例文

– このプロジェクトの計画を実行するために、チームで協力しましょう。
– 新しいビジネス戦略を実行するために、社員全員が意識改革を行う必要があります。

「実施」の例文

– 今日は、会議の実施日ですので、全員出席してください。
– 企業内での研修を実施することで、社員のスキル向上を図ります。

まとめ

「実行」と「実施」は、行動や計画の具体化を指す言葉です。「実行」は行動そのものを指し、「実施」は計画や方針を実現する行動を指します。