ビジネス・就職・転職

「clerk」とは?「staff」との違いをわかりやすく解説!

この記事では、「clerk」と「staff」の違いを分かりやすく簡単に解説します。

「clerk」とは?

「clerk」とは、一般的には「事務員」「受付係」などの意味で使われる単語です。

「staff」とは?

「staff」とは「スタッフ」「職員」などの意味で、組織や会社などに所属する人たち全体を指す言葉です。

「clerk」と「staff」の違い

「clerk」は特定の職種や業務を担当する個々の人を指し、一般的にはオフィスや店舗などで受付や事務業務を行う人を指します。

一方、「staff」は、特定の組織や会社などに所属する全ての従業員を指す言葉であり、様々な職種や業務を担当する人たちを含みます。

「clerk」の例文

1. I work as a clerk at a local bank.
(私は地元の銀行で事務員として働いています。)

2. The clerk at the hotel reception was very helpful.
(ホテルのフロントの受付係はとても親切でした。)

「staff」の例文

1. Our company is hiring new staff for the sales department.
(弊社は営業部門の新しいスタッフを募集しています。)

2. The staff at the hospital worked tirelessly to provide the best care for the patients.
(病院のスタッフは患者のために最善のケアを提供するために一生懸命働きました。)

まとめ

「clerk」と「staff」は、どちらも組織や会社に所属する人たちを指す言葉ですが、微妙な違いがあります。「clerk」は一般的に事務や受付など特定の業務を担当する個々の人を指し、「staff」は組織全体の従業員を指す言葉です。