ビジネス・就職・転職

「指示」とは?「指図」との違いをわかりやすく解説!

この記事では、「指示」と「指図」の違いを分かりやすく簡単に解説します。

「指示」とは?

指示とは、何かを示し示すこと、または何かを指し示すことを意味します。具体的な指示は、人々に特定の行動や方針を取るように命令したり、案内や説明をするために使用されます。

「指図」とは?

指図は、何かを指示して言うことや命じることを意味します。指図は通常、強い口調や命令的なトーンで行われます。

「指示」と「指図」の違い

「指示」と「指図」の違いは、トーンや言葉の遣いにあります。指示は丁寧な表現や説明を用いて行われる一方、指図は命令的なトーンや口調で行われます。

「指示」の例文

1. 仕事の進め方について、以下の指示に従ってください。
2. プレゼンの際は、以下の指示に基づいて行ってください。

「指図」の例文

1. 締め切りまでにこの報告書を完成させるように指図した。
2. チームメンバーに作業の優先順位を指図した。

まとめ

指示と指図は、両方とも他の人に何かを言ったり命じたりすることを意味しますが、トーンや表現方法に違いがあります。指示は初心者にもわかりやすく、丁寧な表現を用いるべきです。トーンはカジュアルであることが求められます。