専門用語・業界用語

「弁償」とは?「賠償」との違いをわかりやすく解説!

この記事では、「弁償」と「賠償」の違いを分かりやすく簡単に解説します。

「弁償」とは?

「弁償」とは、ある行為や結果によって生じた損害や責任を、当事者自身が負担・補償することを指します。

「賠償」とは?

「賠償」とは、他者に対して過失や不法行為によって与えられた損害や被害を、金銭的な補償や物的な形で償うことを指します。

「弁償」と「賠償」の違い

「弁償」と「賠償」の違いは、主に負担や対象となる事柄にあります。
「弁償」は、自身が引き起こした損害や責任に対して、その負担や補償を行うことを意味します。
一方、「賠償」は、他者によって引き起こされた損害や被害に対して、金銭的な補償や物的な形での償いを行うことを意味します。

「弁償」の例文

以下に「弁償」の例文を示します。

1. 契約違反による損害を弁償する。
2. 誤った情報提供による損害を弁償する義務がある。
3. 不注意による事故を弁償するため、保険を加入している。

「賠償」の例文

以下に「賠償」の例文を示します。

1. 交通事故によるケガを賠償する。
2. 商品の不具合による被害を賠償する責任がある。
3. 建物の傷害事故による損害を賠償する。

まとめ

「弁償」と「賠償」は、いずれも損害や責任に対する負担や補償を指しますが、その対象や主体性に違いがあります。しっかりとその使い分けを理解しておくことが重要です。