金融・経済

「増収」とは?「増益」との違いをわかりやすく解説!

この記事では、「増収」と「増益」の違いを分かりやすく簡単に解説します。

「増収」とは?

「増収」とは、企業や組織の売上高や収益が前年度や前期比で増加することを指します。つまり、売り上げや収益が増えたことを意味します。

「増益」とは?

「増益」とは、企業や組織の利益が前年度や前期比で増加することを指します。つまり、収益や利益が増えたことを意味します。

「増収」と「増益」の違い

「増収」と「増益」の違いは、売上高と利益の違いにあります。増収は売上高の増加を指し、増益は利益の増加を指します。売上高が増えれば増収となりますが、利益が増えなければ増益とはなりません。

「増収」の例文

例えば、昨年度の売り上げが1000万円だった企業が、今年度は1300万円の売り上げを達成した場合、「増収」と言えます。

「増益」の例文

同様に、昨年度の利益が500万円だった企業が、今年度は700万円の利益を達成した場合、「増益」と言えます。

まとめ

「増収」とは売上高の増加を、「増益」とは利益の増加を意味します。企業や組織の成長を示す指標として利用され、経営の健全性を判断する際に重要な要素となります。以上が「増収」と「増益」についての説明でした。初心者にもわかりやすく丁寧に解説しましたので、ご参考にしてください。