専門用語・業界用語

「事件当時」とは?「事件当日」との違いをわかりやすく解説!

この記事では、「事件当時」と「事件当日」の違いを分かりやすく簡単に解説します。

「事件当時」とは?

「事件当時」とは、事件が起きた時点を指す言葉です。事件が発生した瞬間やその前後の時間を指すことがあります。

「事件当日」とは?

「事件当日」とは、事件が起こった日を指す言葉です。具体的な日付を示すことがあります。

「事件当時」と「事件当日」の違い

「事件当時」と「事件当日」の違いは、時間の指定の仕方です。例えば、ある事件が2019年に発生した場合、「事件当時」と言えば、一定の期間にまたがる出来事全体を指すことができますが、「事件当日」と言えば、具体的な日付を指定することができます。

「事件当時」の例文

例えば、ある事件が起こった時点で、被害者はまだ気づいていなかった可能性があります。この場合、「事件当時、被害者はまだ気づいていませんでした」と表現することができます。

「事件当日」の例文

例えば、ある事件が2019年10月10日に起こった場合、「事件当日は多くの人々が驚きと恐怖に包まれました」と表現することができます。

まとめ

「事件当時」とは、事件が起きた時点を指す言葉であり、時間の指定が広いです。一方、「事件当日」とは、具体的な日付を指定する言葉であり、より具体的な時間を表現することができます。