専門用語・業界用語

「realize」とは?「notice」との違いをわかりやすく解説!

この記事では、「realize」と「notice」の違いを分かりやすく簡単に解説します。
「realize」とは?
「realize」とは、何かを実現することや気づくことを意味します。この動詞は、ある事実や状況を認識したり、自分自身や他の人の感情、意図、欲求を理解したりすることを指します。

「notice」とは?
「notice」とは、何かに気づくことや気がつくことを意味します。この動詞は、ある物や現象、事実に対して意識を向け、認識することを指します。また、「公示する」というニュアンスも含んでいます。

「realize」と「notice」の違い
「realize」と「notice」は、いずれも何かに気づくことを表す動詞ですが、そのニュアンスには違いがあります。
「realize」は、ある事実や状況を理解し、実感することを意味します。自分自身や他の人の感情や意図について気づくときに使用されます。一方、「notice」は、ある物や現象に気づくことを指します。より具体的には、視覚や聴覚、感覚などの感覚器官を通じて何かに気づくことを表します。

「realize」の例文
以下に、「realize」の使い方をいくつかの例文で示します。

1. I didn’t realize how much she loved me until she left.
(彼女が去って初めて、彼女がどれだけ私を愛していたのか気づきました。)

2. It was only after the accident that I realized the importance of wearing a seatbelt.
(事故の後に初めて、シートベルトの重要性に気づきました。)

3. He realized his dream of becoming a professional musician.
(彼はプロのミュージシャンになるという夢を実現しました。)

「notice」の例文
以下に、「notice」の使い方をいくつかの例文で示します。

1. I noticed a strange sound coming from the next room.
(隣の部屋から奇妙な音が聞こえるのに気づきました。)

2. Did you notice that she changed her hair color?
(彼女が髪の色を変えたことに気づきましたか?)

3. The teacher noticed that one of the students was struggling with the assignment.
(先生が、生徒の一人が課題に苦労していることに気づきました。)

まとめ
「realize」と「notice」は、両方とも何かに気づくことを表す動詞ですが、そのニュアンスには違いがあります。「realize」は、ある事実や状況を理解し、実感することを指し、「notice」は、ある物や現象に気づくことを指します。