専門用語・業界用語

「raise」とは?「rise」との違いをわかりやすく解説!

この記事では、「raise」と「rise」の違いを分かりやすく簡単に解説します。

「raise」とは?

「raise」とは、何かを上げる、持ち上げる、増やす、引き上げるという意味の動詞です。例えば、手を上げる、声を上げる、賃金を上げるなどの意味で使われます。

「rise」とは?

「rise」とは、上がる、昇るという意味の動詞です。太陽が昇る、水が上昇する、価格が上がるなどの意味で使用されます。

「raise」と「rise」の違い

「raise」と「rise」は、共に上がるという意味を持っていますが、使い方には違いがあります。一般的に、「raise」は他動詞として使われ、自分以外の物や人を上げるときに使います。一方、「rise」は自動詞として使われ、物や人が自然に上がる、昇る状態を表現する際に使います。

「raise」の例文

1. 先生は手を上げて質問をする生徒を見つめた。
2. 彼は声を上げて歌い始めた。
3. 会社は従業員の給料を上げることを決めた。

「rise」の例文

1. 太陽が東の空に上がると、新しい一日が始まる。
2. 洪水が起こったため、水位が急速に上昇した。
3. 物価が上昇し、生活費が高騰している。

まとめ

「raise」と「rise」は、物や人が上がるという意味を持つ動詞ですが、使い方に違いがあります。自分以外の物や人を上げる場合は「raise」を使い、自然に物や人が上がる場合は「rise」を使います。注意深く使い分けましょう。