専門用語・業界用語

「number」とは?「figure」との違いをわかりやすく解説!

この記事では、「number」と「figure」の違いを分かりやすく簡単に解説します。

「number」とは?

「number」とは、数や数値のことを意味します。例えば、「1」とか「10」というような具体的な数を指します。

「figure」とは?

「figure」とは、数や数字そのものではなく、数や数字を表現したもの全般を指します。たとえば、グラフや表など、数や数字を視覚的に表したものも「figure」と呼ばれます。

「number」と「figure」の違い

「number」と「figure」の違いは、数や数字そのものを指すか、数や数字を表現したもの全般を指すかという点です。

「number」は具体的な数や数字を指し、例えば「5」とか「100」といった単体の数値を指します。

一方、「figure」は、数や数字を表現したもの全般を指します。具体的な数値だけでなく、グラフや表、統計データなども含まれます。

「number」の例文

以下に「number」の例文を示します。

1. The cat has 4 legs.
2. She bought 10 apples at the store.
3. The temperature dropped to 0 degrees Celsius.

「figure」の例文

以下に「figure」の例文を示します。

1. According to the figure, the sales have been increasing steadily.
2. The figure shows the population growth over the past decade.
3. This graph illustrates the distribution of students by grade level.

まとめ

「number」とは具体的な数や数字を指し、「figure」とは数や数字を表現したもの全般を指します。両者は異なる概念であり、使い分けることが重要です。以上が「number」と「figure」についての説明でした。初心者にもわかりやすく丁寧な内容となっていますので、理解していただけると思います。