専門用語・業界用語

「damage」とは?「harm」との違いをわかりやすく解説!

この記事では、「damage」と「harm」の違いを分かりやすく簡単に解説します。

「damage」とは?

「damage」とは、物や人に対して生じる損害や傷害のことを指します。例えば、自然災害や事故による建物の破壊やけが、商品の破損などが「damage」に当てはまります。

「harm」とは?

「harm」とは、物や人に対して引き起こされる害や危害を指します。具体的には、健康や安全に対する悪影響や損害を意味します。例えば、人の健康を損なう化学物質の使用や、環境への悪影響などが「harm」の範疇に含まれます。

「damage」と「harm」の違い

「damage」と「harm」の違いは、対象や影響の範囲にあります。具体的には、
– 「damage」は物や人に対する損害や傷害を指し、主に具体的な物的ダメージに焦点を当てます。
– 一方、「harm」は物や人に対する害や危害を指し、主に抽象的な悪影響や損害に焦点を当てます。

このような違いがありますが、実際の使用においては、両者の意味に重なる部分もあるため、文脈によって使い分ける必要があります。

「damage」の例文

以下は「damage」の例文です。

1. The earthquake caused significant damage to the city.
(地震によって、市内に大きな被害が生じた。)
2. Please be careful not to damage the fragile items.
(壊れやすい品物を傷つけないように注意してください。)
3. The car accident resulted in severe damage to both vehicles.
(その車の事故によって、両車共に重大な損害が生じた。)

「harm」の例文

以下は「harm」の例文です。

1. Smoking can harm your health.
(喫煙はあなたの健康に害を及ぼすことがあります。)
2. The factory’s emissions are causing harm to the environment.
(その工場の排出物が環境に悪影響を与えています。)
3. It is important to avoid harm to innocent civilians during wartime.
(戦時中に無実の市民に害を与えることを避けることが重要です。)

まとめ

今回は、「damage」と「harm」の意味と違いについて説明しました。

– 「damage」は具体的な物的損害や傷害を指し、主に物や人に対する直接的なダメージを意味します。
– 一方、「harm」は抽象的な悪影響や危害を指し、主に物や人に対する間接的な害を意味します。

両者の使い分けや例文を通じて、より明確に理解できたかと思います。初心者の方にもわかりやすいように丁寧に解説しましたので、どうぞ参考にしてください。