英語

「cross」とは?「across」との違いをわかりやすく解説!

この記事では、「cross」と「across」の違いを分かりやすく簡単に解説します。

「cross」とは?

「cross」とは、あるものや場所を横切ることを指します。例えば、道路を横断する場合や、川を渡る場合などに使用されます。

「across」とは?

「across」とは、あるものや場所に横たわっていることを指します。例えば、机の上に本が横たわっている場合や、道路の向こう側にある建物などを指す場合に使用されます。

「cross」と「across」の違い

「cross」と「across」は、日本語で「横切る」という意味が近いですが、微妙に異なるニュアンスがあります。「cross」は、あるものや場所を横切るという行為に焦点を当てており、目的地に到達するために横切ることを強調します。一方、「across」は、あるものや場所に横たわっていることに焦点を当てており、その状態や位置関係を表現する場合に使用されます。

「cross」の例文

1. I had to cross the busy street to get to the other side.
2. The hiker crossed the river using a rope bridge.
3. The cat crossed the path in front of me.

「across」の例文

1. The book was lying across the desk.
2. I saw a rainbow across the sky.
3. The bridge stretches across the river.

まとめ

「cross」と「across」は、横切ることや横たわっていることを表す英単語です。どちらも日常的な表現としてよく使われますが、微妙なニュアンスの違いがあります。初心者にもわかりやすく丁寧な説明を心がけながら、カジュアルなトーンで伝えることが大切です。