状態

「ashamed」とは?「embarrassed」との違いをわかりやすく解説!

この記事では、「ashamed」と「embarrassed」の違いを分かりやすく簡単に解説します。

「ashamed」とは?

「ashamed」とは、自分自身や自分の行動・状況に対して恥じている、後ろめたさや不快感を抱いているという意味です。自分の行動や言動が他人にとって適切でないと感じたり、自分の価値観に反する行動をした際に使われることが多いです。

「embarrassed」とは?

「embarrassed」とは、ある状況や出来事によって恥ずかしい思いをする、窮地に立たされるという意味です。自分の失敗や周囲の人の目にさらされることで、不快感や困惑を感じることがあります。他人の前で恥をかいたり、思わぬ出来事が起こり困ったりする場合に使われます。

「ashamed」と「embarrassed」の違い

「ashamed」と「embarrassed」の違いは微妙ですが、少しニュアンスが異なります。まず、「ashamed」は内面的な感情を表し、自分自身に対する恥じる気持ちを強調します。一方、「embarrassed」は外的な要素によって引き起こされる恥ずかしさや困惑を表現します。

具体的には、自分の行動や言動によって他人に対して恥じている感情を表す場合には「ashamed」を使います。一方で、予期せぬ出来事や他人の目に晒されたことによって引き起こされる恥ずかしさや窮地に立つ感情を表す場合には「embarrassed」を使用します。

「ashamed」の例文

1. I am ashamed of my behavior last night at the party.
(昨夜のパーティーでの自分の行動に恥じています。)
2. She felt ashamed of herself for not keeping her promise.
(彼女は約束を守らなかったことで自分自身に恥じていました。)
3. He was ashamed of cheating on the exam.
(彼は試験でカンニングしたことを恥じていました。)

「embarrassed」の例文

1. She was so embarrassed when she tripped and fell in front of everyone.
(彼女はみんなの前でつまずいて転んだ時、とても恥ずかしかったです。)
2. He felt embarrassed when his phone rang loudly during the meeting.
(彼は会議中に携帯電話が大きな音で鳴ったとき、恥ずかしかったです。)
3. They were embarrassed by the attention they received after winning the award.
(彼らは賞を受賞した後に注目を浴びて恥ずかしかったです。)

まとめ

「ashamed」は自分自身や自分の行動に対して恥じる気持ちを表し、「embarrassed」はある状況や出来事によって恥ずかしさや困惑を感じることを表します。それぞれ微妙な違いがありますが、どちらも恥ずかしい気持ちを表現する際に使われます。