専門用語・業界用語

「整数」とは?「実数」との違いをわかりやすく解説!

この記事では、「整数」と「実数」の違いを分かりやすく簡単に解説します。

「整数」とは?

整数とは、数の中でも、小数部分を持たない数のことを指します。具体的には、0や1、-2、3など、小数点以下の数字がない数です。

「実数」とは?

実数とは、数の中でも、整数だけでなく、小数点以下の数字を持つ数のことを指します。具体的には、1.5や-3.7、0.25など、小数点以下に数字がある数です。

「整数」と「実数」の違い

整数と実数の違いは、小数点以下の有無です。整数は小数点以下の数字を持たないため、正確な値を表すことができます。一方、実数は小数点以下の数字を持つため、より細かい値を表すことができます。

「整数」の例文

例えば、「私の年齢は30歳です」「私の身長は170センチメートルです」といった文は、整数の例文です。年齢や身長は小数点以下が存在しないため、整数で表現されます。

「実数」の例文

例えば、「私の体重は60.5キログラムです」「この商品の値段は99.9ドルです」といった文は、実数の例文です。体重や値段は小数点以下が存在するため、実数で表現されます。

まとめ

整数とは小数点以下の数字を持たない数であり、実数は小数点以下の数字を持つ数です。整数はより正確な値を表現することができますが、実数は細かい値を表現することができます。