英語

「merely」とは?「only」との違いをわかりやすく解説!

この記事では、「merely」と「only」の違いを分かりやすく簡単に解説します。

「merely」とは?

「merely」は英語の副詞で、「単に」「ただ」「わずかに」などの意味を持ちます。ある行動や状態が軽視されたり、重要性が低いことを示す際に使用されます。

「only」とは?

「only」も英語の副詞で、「ただ」「唯一」という意味を持ちます。ある特定の条件や範囲に制限された状態を示す際に使用されます。

「merely」と「only」の違い

「merely」と「only」は似たような意味を持ちますが、微妙な違いが存在します。例えば、「merely」はある行動や状態が単純であり、重要性が低いことを強調します。一方、「only」は特定の条件や範囲に制限された状態を強調します。つまり、「merely」は軽視された状態を表現するのに対して、「only」は限定された条件内での状態を表現することが特徴です。

「merely」の例文

– She is merely a student.(彼女は単に学生です)
– It is merely a suggestion.(それは単なる提案です)
– He merely glanced at the book.(彼は本をちらっと見ただけです)

「only」の例文

– She is the only person who can help us.(彼女が唯一私たちを助けられる人です)
– I have an appointment at 2 o’clock, so I can only stay for a short time.(2時に予約があるので、短時間しか滞在できません)
– Only two people showed up at the meeting.(会議にはわずか2人しか現れませんでした)

まとめ

「merely」と「only」は似た意味を持ちながらも微妙な違いがあります。注意深く文脈に合わせて使用することが重要です。