状態

「burning」とは?「burned」との違いをわかりやすく解説!

この記事では、「burning」と「burned」の違いを分かりやすく簡単に解説します。

「burning」とは?

「burning」は、燃えている状態を表す形容詞です。火や燃えるガスなどの物体が燃えている状態を指します。

「burned」とは?

「burned」は、燃えた状態を表す形容詞です。燃えた後の物体や物質を指します。

「burning」と「burned」の違い

「burning」と「burned」の違いは、状態の違いです。前者は現在燃えている状態を表し、後者は過去に燃えた状態を表します。

「burning」の例文

– The house is burning. (その家は燃えています。)
– I can smell something burning. (何かが燃えている匂いがする。)

「burned」の例文

– The bread is burned. (パンは焦げています。)
– She burned her hand on the stove. (彼女はコンロで手をやけどした。)

まとめ

「burning」と「burned」は、燃えている状態と燃えた状態を表す形容詞です。注意して使い分けましょう。