専門用語・業界用語

「alternate」とは?「alternative」との違いをわかりやすく解説!

この記事では、「alternate」と「alternative」の違いを分かりやすく簡単に解説します。

「alternate」とは?

「alternate」とは、何かの代わりになるものや、交互に行われることを指します。

「alternative」とは?

「alternative」とは、選択肢や代替案を指します。

「alternate」と「alternative」の違い

「alternate」と「alternative」は、意味や用法が異なる言葉です。「alternate」は代わりになることや交互に行われることを表し、一方「alternative」は選択肢や代替案を表します。

「alternate」の例文

1. 週末は映画を見るのが趣味です。[alternate]週に2回は映画館に行きます。
2. 彼らは毎月[alternate]担当を交代して仕事をしています。

「alternative」の例文

1. この商品にはいくつかの[alternative]選択肢があります。
2. 電車が止まってしまったので、[alternative]ルートで目的地に行きましょう。

まとめ

「alternate」と「alternative」は似ていますが、意味や用法が異なる単語です。「alternate」は代わりになることや交互に行われることを表し、「alternative」は選択肢や代替案を表します。注意して使い分けましょう。