専門用語・業界用語

「accompany」とは?「attach」との違いをわかりやすく解説!

この記事では、「accompany」と「attach」の違いを分かりやすく簡単に解説します。

「accompany」とは?

「accompany」とは、ある人や物と一緒に行くことを意味します。主に人が他の人と一緒に行動する場合や、特定の物が他の物に付いている状態を表します。

「attach」とは?

「attach」とは、ある物を別の物につけることを意味します。主に物が他の物に接続される状態や、文書やファイルをメールに添付することを指します。

「accompany」と「attach」の違い

「accompany」と「attach」の違いは以下の通りです。
– 「accompany」は主に人が他の人や物と一緒に行動することを表すのに対し、「attach」は物が他の物に接続されることを表します。
– 「accompany」は行動や移動の意味が強いのに対し、「attach」は接続や添付の意味が主です。
– 「accompany」は主語が人であることが一般的ですが、「attach」は主語が物であることもあります。

「accompany」の例文

以下に「accompany」の例文をいくつか紹介します。
1. I accompanied my friend to the concert.
→私は友人と一緒にコンサートに行きました。
2. The delicious aroma of coffee accompanied me throughout the day.
→美味しいコーヒーの香りが一日中私と一緒にありました。
3. The book includes a CD that accompanies the text.
→その本にはテキストと一緒に付属するCDが含まれています。

「attach」の例文

以下に「attach」の例文をいくつか紹介します。
1. Please attach your resume to the email.
→履歴書をメールに添付してください。
2. The document is attached to this message.
→その文書はこのメッセージに添付されています。
3. Remember to attach the file before sending the email.
→メールを送る前にファイルを添付するのを忘れないでください。

まとめ

「accompany」と「attach」は意味や使用法が異なる言葉です。注意して使い分けることが重要です。[初心者にもわかりやすく丁寧]な言葉遣いで説明しましたが、もし分かりづらい箇所があれば遠慮なくご質問ください。