専門用語・業界用語

「増す」とは?「増える」との違いをわかりやすく解説!

この記事では、「増す」と「増える」の違いを分かりやすく簡単に解説します。

「増す」とは?

「増す」とは、数量や程度が増えることを表す動詞です。例えば、人口が増す、売上が増すなど、ある物事の量や規模が大きくなることを指します。

「増える」とは?

「増える」とも、数量や程度が増えることを表す動詞です。「増える」も「増す」と同じく、ある物事の量や規模が大きくなることを指します。

「増す」と「増える」の違い

「増す」と「増える」は、基本的な意味は同じですが、微妙な違いがあります。「増す」は、積極的に何かを増やすという意味合いが強く、意図的な行為を表します。「増す」は、人や組織が意識的に何かを増やす場合に使用されることが多いです。「増える」は、自然な変化や状態の変化を表し、意図的ではない増加を指すことがあります。

「増す」の例文

1. この商品の需要が増すことで、売上が伸びることが予想されます。
2. プロジェクトに参加するメンバーを増すため、募集を行います。
3. 投資家の信頼を増すためには、適切な情報公開が必要です。

「増える」の例文

1. 人口が増えることにより、都市のインフラが整備されています。
2. 最近、犯罪件数が増える傾向にあります。
3. 食欲が増えると、体重も増えることがあります。

まとめ

「増す」と「増える」は、どちらも数量や程度の増加を表す動詞です。ただし、「増す」は積極的な意図的な増加を指し、「増える」は自然な変化や状態の変化を表します。文脈によって使い分けることが重要です。