英語

「yet」とは?「already」との違いをわかりやすく解説!

この記事では、「yet」と「already」の違いを分かりやすく簡単に解説します。

「yet」とは?

「yet」とは、まだ何かが起こっていない状態を表す副詞です。主に否定文や疑問文で使用されます。

「already」とは?

「already」とは、すでに何かが起こった状態を表す副詞です。主に肯定文で使用されます。

「yet」と「already」の違い

「yet」と「already」の違いは、時間の経過における状態を表す点です。「yet」はまだ何かが起こっていない状態を示し、「already」はすでに何かが起こった状態を示します。

「yet」の例文

1. 彼はまだ家に帰っていません。
2. まだ雨が降っていませんか?

「already」の例文

1. 彼はもう昼食をとりました。
2. ケーキをもう食べたの?

まとめ

「yet」と「already」は時間の経過における状態を表す副詞です。「yet」はまだ何かが起こっていない状態を、「already」はすでに何かが起こった状態を示します。