英語

「wrote」とは?「written」との違いをわかりやすく解説!

この記事では、「wrote」と「written」の違いを分かりやすく簡単に解説します。

「wrote」とは?

「wrote」は、不定過去形の動詞で、主語が過去に行った行為や過去の状態を表します。

「written」とは?

「written」は、過去分詞形の動詞で、主語によって過去に行われた行為や過去の状態を示します。

「wrote」と「written」の違い

「wrote」と「written」は、どちらも過去の出来事を表しますが、使われる文脈や形は異なります。

「wrote」は、主語が過去に行った具体的な行為を示すときに使われます。例えば、「I wrote a letter.(私は手紙を書いた)」というように使います。

一方、「written」は、主語によって過去の状態や行われた結果を示すときに使われます。例えば、「The letter was written by me.(その手紙は私が書いた)」というように使います。

「wrote」の例文

1. She wrote a novel.(彼女は小説を書いた)
2. I wrote a song yesterday.(私は昨日、歌を書いた)

「written」の例文

1. The book was written by a famous author.(その本は有名な作家によって書かれた)
2. The report has already been written.(そのレポートは既に書かれています)

まとめ

「wrote」と「written」は、過去の出来事を表す動詞ですが、使い方や文脈によって異なる使い方があります。しっかりと使い分けることで、より正確な表現が可能となります。初心者の方でもわかりやすいよう、丁寧に解説しました。