英語

「will」とは?「be going to」との違いをわかりやすく解説!

この記事では、「will」と「be going to」の違いを分かりやすく簡単に解説します。

「will」とは?

「will」は、未来の出来事や予測、意思表示、約束などを表すために使用されるモーダル(助動詞)です。例えば、「I will go to the store tomorrow.」(明日、私は店に行くつもりです。)という文では、将来の出来事である「明日、店に行く」という行動が表現されています。

「be going to」とは?

「be going to」は、「will」と同様に未来を表現するために使用されるモーダルです。主に計画、予測、意図などを示す際に使われます。例えば、「I am going to study for the exam tonight.」(今夜、私は試験の勉強をする予定です。)という文では、計画と予測が示されています。

「will」と「be going to」の違い

「will」と「be going to」は、未来を表現するために使用される類似のモーダルですが、意味や使用法に微妙な違いがあります。

「will」は、予測や意思表示を表す際に使用され、より即座の未来の出来事を表現します。一方、「be going to」は、計画や予想を示す際に使用され、事前に決まっている未来の出来事や予測を表現します。

例えば、「It will rain tomorrow.」(明日は雨が降るでしょう。)という文では、「will」が使用されており、天気の予測が表現されています。一方、「I am going to visit my friend next week.」(来週、友達を訪ねるつもりです。)という文では、「be going to」が使用されており、訪問する計画が示されています。

「will」の例文

1. I will help you with your homework later.
2. She won’t come to the party tonight.
3. Will you come to the concert tomorrow?
4. They will meet at the park at 3 PM.

「be going to」の例文

1. I am going to buy a new car next month.
2. They are not going to travel abroad this summer.
3. Are you going to attend the meeting tomorrow?
4. He is going to cook dinner for us tonight.

まとめ

「will」と「be going to」は、未来の出来事を表現するためのモーダルです。予測や意思表示に「will」を使用し、計画や予想に「be going to」を使用します。これらの表現を使い分けることで、より正確に意図を伝えることができます。