英語

「usually」とは?「always」との違いをわかりやすく解説!

この記事では、「usually」と「always」の違いを分かりやすく簡単に解説します。

「usually」とは?

「usually」は、通常、ふつうに、普段という意味を持つ副詞です。

「always」とは?

「always」は、常に、いつもという意味を持つ副詞です。

「usually」と「always」の違い

「usually」と「always」の違いは、程度や頻度の違いです。通常の状態や頻度を示す場合は「usually」を使用し、常に繰り返される状態を示す場合は「always」を使用します。

「usually」の例文

– I usually go to the gym on weekdays.(平日は通常ジムに行きます。)
– She usually takes a walk in the evening.(彼女は通常夕方に散歩をします。)

「always」の例文

– He always arrives on time.(彼はいつも時間通りに到着します。)
– They always eat breakfast together.(彼らはいつも一緒に朝食を食べます。)

まとめ

「usually」と「always」はどちらも頻度や状態を示す副詞ですが、程度や頻度の違いによって使い分けられます。