英語

「together」とは?「with」との違いをわかりやすく解説!

この記事では、「together」と「with」の違いを分かりやすく簡単に解説します。

「together」とは?

「together」とは、一緒にある状態や行動を行うことを表す単語です。二つ以上の人や物が一緒に存在することを意味します。

「with」とは?

「with」とは、一緒にいる状態や行動を表す単語です。特定の人や物と一緒にいることを示します。

「together」と「with」の違い

「together」と「with」は、似たような意味を持つ単語ですが、微妙な違いがあります。

「together」は、複数の人や物が一緒に存在したり、共に行動したりすることを強調します。一緒にいることや行動することに重点が置かれます。

一方、「with」は、特定の人や物と一緒にいることや行動することを表します。相手との関係や付き合い合いに焦点が置かれます。

「together」の例文

1. We went to the movie theater together.
=> 私たちは一緒に映画館に行きました。

2. Let’s cook dinner together.
=> 一緒に夕食を作りましょう。

3. They studied together for the exam.
=> 彼らは試験のために一緒に勉強しました。

「with」の例文

1. She went to the park with her friends.
=> 彼女は友達と一緒に公園に行きました。

2. He is having lunch with his colleagues.
=> 彼は同僚と昼食をとっています。

3. I enjoy going shopping with my sister.
=> 私は姉と買い物に行くのが楽しいです。

まとめ

「together」と「with」は、一緒にいることや行動することを表す単語ですが、微妙なニュアンスの違いがあります。「together」は複数の人や物が一緒に存在したり、共に行動したりすることを強調し、「with」は特定の人や物と一緒にいることや行動することを表します。