英語

「smell」とは?「scent」との違いをわかりやすく解説!

この記事では、「smell」と「scent」の違いを分かりやすく簡単に解説します。

「smell」とは?

「smell」とは、鼻で感じることができる香りや臭いのことを指します。例えば、花の香りや食べ物のにおいなどが「smell」に該当します。

「scent」とは?

「scent」とも「fragrance」とも呼ばれ、鼻で感じることができる香りのことを指します。「scent」は主に香水や芳香剤など、人工的に作られた香りを指すことが多いです。

「smell」と「scent」の違い

「smell」と「scent」の違いは、主に香りの原因が自然のものか人工的なものかという点です。「smell」は自然界に存在する香りや臭いを指し、「scent」は人工的に作られた香りを指すことが一般的です。

「smell」の例文

1. I love the smell of fresh coffee in the morning.(朝の新鮮なコーヒーの香りが好きです。)
2. The smell of flowers filled the room.(部屋に花の香りが漂っていた。)
3. She couldn’t stand the smell of fish.(彼女は魚の臭いが我慢できなかった。)

「scent」の例文

1. She was wearing a lovely scent.(彼女は素敵な香水をつけていた。)
2. The scent of lavender filled the air.(ラベンダーの香りが空気中に漂っていた。)
3. He sprayed a sweet scent in the room.(彼は部屋に甘い香りをスプレーした。)

まとめ

「smell」とは自然界の香りや臭いを指し、「scent」とは人工的に作られた香りを指します。自然の香りを表す際には「smell」を使用し、人工的な香りを表す際には「scent」を使用することが一般的です。