専門用語・業界用語

「put out」とは?「turn off」との違いをわかりやすく解説!

この記事では、「put out」と「turn off」の違いを分かりやすく簡単に解説します。

「put out」とは?

「put out」とは、何かを消す、退く、取り払うという意味で使われるフレーズです。例えば、ろうそくの火を消す場合や、火事を鎮火させる場合などに使われます。

「turn off」とは?

「turn off」とは、何かを切る、止める、閉じるという意味で使われるフレーズです。例えば、電気を消す場合や、テレビを切る場合などに使われます。

「put out」と「turn off」の違い

「put out」と「turn off」の違いは、使われる場面や対象にあります。「put out」は主に火を消す場合や不要なものを取り除く場合に使われ、一方「turn off」は電気や機器などを止める場合に使われます。

「put out」の例文

1. I put out the candle before going to bed.
(寝る前にろうそくの火を消しました。)

2. The firefighters managed to put out the fire within an hour.
(消防士たちは1時間以内に火事を鎮火させることに成功しました。)

「turn off」の例文

1. Don’t forget to turn off the lights when you leave the room.
(部屋を出るときには電気を消すのを忘れないでください。)

2. I always turn off my phone during the movie to avoid disturbances.
(映画の間はいつも電話を切っています。邪魔が入らないようにするためです。)

まとめ

「put out」と「turn off」は、それぞれ消す、切るという意味で使われますが、使われる場面や対象によって使い分けられます。注意して使いましょう。