金融・経済

「depression」とは?「recession」との違いをわかりやすく解説!

この記事では、「depression」と「recession」の違いを分かりやすく簡単に解説します。

「depression」とは?

「depression」とは、経済の不況期を指す言葉です。具体的には、長期間にわたって経済活動が低迷し、企業の倒産や失業率の上昇などが起こる状態を意味します。

「recession」とは?

「recession」とは、経済の不況期のことを指します。一般的には、経済活動が一定期間にわたって減速し、生産量や雇用などが低下する状態を指します。

「depression」と「recession」の違い

「depression」と「recession」の違いは、主に以下の点です。

1. 持続期間: 「depression」は、比較的長期間にわたって経済不況が続く状態を指し、「recession」は比較的短期間の不況を指します。

2. 影響範囲: 「depression」は、国や地域全体に大きな影響を及ぼすことがありますが、「recession」は一部の産業や地域に限定的な影響がある場合もあります。

3. 経済指標: 「depression」では、生産量や雇用などの経済指標が大きく低下する傾向が見られますが、「recession」ではそれほどの大きな下落は起こりません。

「depression」の例文

例文1: The Great Depression in the 1930s had a significant impact on the global economy.
例文2: The country is currently experiencing an economic depression, leading to a rise in unemployment rates.

「recession」の例文

例文1: The country’s economy is in a recession, with many businesses struggling to stay afloat.
例文2: The recession is expected to have a negative effect on consumer spending.

まとめ

「depression」と「recession」は、経済の不況期を指す言葉ですが、持続期間や影響範囲、経済指標などに違いがあります。両者の違いを理解することは、経済の動向を把握する上で重要です。