英語

「agree to」とは?「agree with」との違いをわかりやすく解説!

この記事では、「agree to」と「agree with」の違いを分かりやすく簡単に解説します。

「agree to」とは?

「agree to」は、意見や提案などに同意することを表すフレーズです。より具体的には、他の人の意見や提案を受け入れることや、条件や契約に同意することを意味します。

「agree with」とは?

「agree with」は、意見や主張などが自分の考え方に合致することを表すフレーズです。より具体的には、他の人の意見や主張が自分と同じであることに同意することを意味します。

「agree to」と「agree with」の違い

「agree to」と「agree with」の違いは、同意の対象が異なる点です。「agree to」は他の人の意見や提案、条件などに同意するときに使われるのに対して、「agree with」は他の人の意見や主張が自分と合致したときに使われます。

「agree to」の例文

1. I agree to your proposal and think it is a great idea.
(あなたの提案に同意し、それは素晴らしいアイデアだと思います。)

2. She agreed to the terms and conditions of the contract.
(彼女は契約の条件に同意しました。)

3. They have agreed to our offer and will be joining our team.
(彼らは私たちのオファーに同意し、私たちのチームに参加することになりました。)

「agree with」の例文

1. I agree with your opinion on this matter.
(この件についておっしゃる意見に同意します。)

2. He agreed with her argument and supported her decision.
(彼は彼女の主張に同意し、彼女の決定を支持しました。)

3. We all agree with the statement made by the speaker.
(私たちは皆、そのスピーカーの発言に同意しています。)

まとめ

「agree to」と「agree with」は、意見や提案などに対して同意することを表すフレーズですが、対象や使い方に違いがあります。適切なフレーズを使い分けることで、意図を正確に伝えることができます。