専門用語・業界用語

「革命」とは?「クーデター」との違いをわかりやすく解説!

この記事では、「革命」と「クーデター」の違いを分かりやすく簡単に解説します。
「革命」とは、社会や政治の構造を大きく変革する出来事を指す言葉です。具体的には、国家の体制や経済の仕組みなどが根本から変わることを指します。革命は通常、社会の不平等や不満が高まり、大衆が力を結集して起こします。

一方、「クーデター」とは、既存の政権を不正な手段で転覆する行為を指します。クーデターは一般的に武力行使や暴力を伴います。クーデターの目的は、政権の交代や特定の集団の権力掌握です。

では、革命とクーデターの違いは何でしょうか?

革命は大衆が力を結集して社会や政治の変革を起こす行為です。一方、クーデターは特定の集団や個人が不正な手段で政権を転覆しようとする行為です。革命は一般的に広範な社会的な動きによって起こりますが、クーデターは限られた人々によって計画された行動です。

革命の例文をご紹介します。

例1: フランス革命は1789年に勃発し、封建制度の打倒や市民権の獲得を目指しました。

例2: ロシア革命は1917年に起き、帝政ロシアを倒し、社会主義体制を樹立しました。

クーデターの例文もご紹介します。

例1: チリで行われたピノチェト将軍によるクーデターは、不正な手段により政権を掌握しました。

例2: ギニアビサウで行われた軍部によるクーデターは、政治の混乱を引き起こしました。

まとめると、革命とクーデターは両者とも社会や政治の変革を目指す行為ですが、革命は大衆の力によって起こる広範な動きであり、クーデターは特定の集団や個人の不正な手段によって起こる行為です。