ビジネス・就職・転職

「横たわり族」とは?「窓際社員」との違いをわかりやすく解説!

この記事では、「横たわり族」と「窓際社員」の違いを分かりやすく簡単に解説します。

「横たわり族」とは?

「横たわり族」とは、仕事中に寝転がって寝ている時間が多く、業務をほとんどこなさない人々のことを指します。彼らは会社の中で存在感が薄く、何の貢献もしていないため、他の社員からは軽蔑や嫌悪の対象とされています。

「窓際社員」とは?

「窓際社員」とは、会社の窓際に座っている社員のことを指します。彼らは仕事上で重要な役割を果たしているわけではなく、主に業務の端っこやマージンに関する仕事を担当しています。窓際に座っていることから、地味な立場や存在感の薄さを連想させることがあります。

「横たわり族」と「窓際社員」の違い

「横たわり族」と「窓際社員」は、いずれも業務での貢献度が低いとされる存在ですが、その違いは次のようになります。

まず、「横たわり族」は寝転がって寝ている時間が多く、仕事をほとんどこなさない特徴があります。一方で、「窓際社員」は仕事を一定程度こなしているものの、業務の重要性が低く、地味な仕事を担当している場合が多いです。

また、「横たわり族」は他の社員から軽蔑や嫌悪の対象とされることが多いですが、一方で「窓際社員」は主に存在感の薄さが問題視される傾向があります。

「横たわり族」の例文

以下は、「横たわり族」の例文です。

– あの社員はいつも仕事中に寝ているので、まさに横たわり族と言えます。
– 彼は常にサボってばかりで、まるで横たわり族のようです。

「窓際社員」の例文

以下は、「窓際社員」の例文です。

– 彼は窓際に座っていることが多いので、窓際社員と呼ばれています。
– 彼女はマージンに関する仕事を担当しているため、窓際社員として働いています。

まとめ

「横たわり族」と「窓際社員」は、仕事において貢献度が低いとされる存在ですが、その違いが存在します。横たわり族は寝転がって寝ている時間が多く、業務をほとんどこなさない人々を指し、窓際社員は仕事を一定程度こなしているものの、地味な仕事やマージンに関する業務を担当しています。