状態

「捕まる」とは?「掴まる」との違いをわかりやすく解説!

この記事では、「捕まる」と「掴まる」の違いを分かりやすく簡単に解説します。

「捕まる」とは?

「捕まる」は、警察や監視員などによって身体を拘束されることを意味します。例えば、犯罪を犯した人が警察に逮捕される場合、彼は「捕まる」と言われます。

「掴まる」とは?

「掴まる」は、手や指などでしっかりとつかまることを意味します。例えば、滑りやすい道路で転びそうになった時、周りの人が手を差し伸べてくれて手を「掴まる」と言います。

「捕まる」と「掴まる」の違い

「捕まる」と「掴まる」は、意味や使い方が異なります。

「捕まる」は、警察や監視員などによって身体を拘束されることを表すのに対して、「掴まる」は、手や指などでつかまることを表します。

また、「捕まる」は、より否定的な意味合いを持ち、犯罪や違法行為に関連して使用されることが多いです。「掴まる」は、協力や助けを意味する場合もあります。

「捕まる」の例文

1. 犯罪者は警察に捕まりました。
2. 泥棒が逃げようとしたが、すぐに捕まった。

「掴まる」の例文

1. 高架橋から転びそうになったが、友人が手を差し伸べて掴まってくれた。
2. 電車の混雑でつり革に掴まらないと危ないです。

まとめ

「捕まる」と「掴まる」は、意味や使い方が異なります。特に「捕まる」は犯罪や違法行為に関連して使用されることが多く、否定的な意味合いを持ちます。一方、「掴まる」は、手や指などでしっかりとつかまることを表す言葉です。