状態

「怯える」とは?「怯む」との違いをわかりやすく解説!

この記事では、「怯える」と「怯む」の違いを分かりやすく簡単に解説します。

「怯える」とは?

「怯える」とは、強い恐怖や不安を感じることを指します。心の中が震えたり、身体が震えたりすることもあります。

「怯む」とは?

「怯む」とは、恐怖や不安によって行動が停滞したり、思うように動けなくなることを指します。心の中でひるんでしまったり、動揺したりすることもあります。

「怯える」と「怯む」の違い

「怯える」と「怯む」の違いは、感じる感情と行動の違いです。怯えるは主に心の中で感じる恐怖や不安を表現し、怯むは行動に表れる恐怖や不安を表現します。

「怯える」の例文

1. 彼女は見知らぬ場所にいて、周りを怯えるように見回していた。
2. 突然の雷に怯えて、彼は大声で叫んだ。

「怯む」の例文

1. 彼は人前で話すことが苦手で、緊張して身体が怯んでしまった。
2. 恐怖心に押しつぶされ、彼は言葉に詰まってしまい怯んでしまった。

まとめ

「怯える」と「怯む」は、恐怖や不安に対する心の反応や行動に違いがあります。怯えるとは心の中で強い感情を感じることであり、怯むとはその感情によって行動が止まってしまうことです。初心者にもわかりやすく丁寧な説明を心がけ、カジュアルなトーンでお伝えしました。