生活・教育

「カンニング」とは?「いんちき」との違いをわかりやすく解説!

この記事では、「カンニング」と「いんちき」の違いを分かりやすく簡単に解説します。

「カンニング」とは?

カンニングとは、試験やテストで他の人から答えをコピーすることを指します。カンニングは、学校や大学などの教育機関では禁止されており、違反した場合は懲罰を受けることがあります。

「いんちき」とは?

いんちきとは、不正や詐欺を行うことを指します。いんちきは、人を欺いたり、不正な手段を使って利益を得ることを目的としています。いんちきは法律で禁止されており、社会的にも非難される行為です。

「カンニング」と「いんちき」の違い

カンニングといんちきは、どちらも不正行為ですが、その方法や目的に違いがあります。

カンニングは、試験やテストで他の人から答えをコピーすることです。主な目的は、自分の成績を上げることです。一方、いんちきは、不正な手段を使って利益を得ることを目的としています。例えば、詐欺や偽造などがいんちきの一例です。

「カンニング」の例文

以下は、カンニングの例文です。

1. テスト中に、隣の生徒の答えをコピーすることはカンニングです。
2. ノートや教科書を隠し持ち、試験中に参照することもカンニングの一例です。

「いんちき」の例文

以下は、いんちきの例文です。

1. 商品の品質を偽って宣伝し、高い価格で売ることはいんちきです。
2. 偽造マネーを使って商売を行うこともいんちきの一例です。

まとめ

カンニングといんちきは、どちらも不正行為ですが、その方法や目的に違いがあります。カンニングは試験やテストで他の人から答えをコピーすることであり、いんちきは不正な手段を使って利益を得ることを目的としています。このような行為は、社会的にも非難され、法律で禁止されています。