専門用語・業界用語

「various」とは?「a variety of」との違いをわかりやすく解説!

この記事では、「various」と「a variety of」の違いを分かりやすく簡単に解説します。

「various」とは?

「various」とは、さまざまな、様々な、いくつものという意味です。

「a variety of」とは?

「a variety of」とは、「さまざまな」という意味で使われる表現です。主に、複数の種類や多様性を表すために使用されます。

「various」と「a variety of」の違い

「various」と「a variety of」は、基本的には同じ意味を持ちますが、微妙なニュアンスの違いがあります。例えば、「various」は、単に種類が多いことを表し、具体的な種類や要素については明示されません。一方、「a variety of」は、具体的な種類や要素について言及し、その幅広さや多様性を強調します。

「various」の例文

1. There are various reasons why people travel.
(人々が旅行する理由はさまざまです。)
2. The store offers various products to choose from.
(その店は様々な商品を提供しています。)
3. She has been to various countries around the world.
(彼女は世界中のさまざまな国を訪れています。)

「a variety of」の例文

1. The museum displays a variety of artworks.
(その博物館ではさまざまな芸術作品が展示されています。)
2. This store sells a variety of clothing brands.
(この店ではさまざまな衣料品ブランドが取り扱われています。)
3. The conference offers a variety of workshops and lectures.
(その会議ではさまざまなワークショップや講演が開催されます。)

まとめ

「various」と「a variety of」は、多様性や幅広さを表すために使われる表現です。「various」は単に多いことを表し、具体的な要素や種類について言及しません。「a variety of」は、具体的な要素や種類について言及し、多様性や幅広さを強調します。