状態

「rain」とは?「raining」との違いをわかりやすく解説!

この記事では、「rain」と「raining」の違いを分かりやすく簡単に解説します。

「rain」とは?

「rain」とは、天気の状態を表す動詞です。具体的には、雨が降っていることを表します。

「raining」とは?

「raining」とは、「rain」の進行形です。つまり、現在 or 現在進行形で雨が降っていることを表します。

「rain」と「raining」の違い

「rain」と「raining」の違いは、主に時間帯や継続性の表現です。具体的には、以下のような違いがあります:
– 「rain」は、雨が降っていることを一時的に指し示す。一瞬的な出来事を表す。
– 「raining」は、雨が降っていることを継続的に指し示す。現在進行中の出来事を表す。

「rain」の例文

以下に、「rain」の例文をいくつか紹介します:

– It is raining cats and dogs. (激しく雨が降っています。)
– The weather forecast said it will rain tonight. (天気予報では今夜は雨が降ると言っていました。)
– I forgot my umbrella, so I hope it doesn’t rain. (傘を忘れたので、雨が降らないことを願っています。)

「raining」の例文

以下に、「raining」の例文をいくつか紹介します:

– Look outside! It’s currently raining. (外を見て!今、雨が降っていますよ。)
– I’ll stay indoors today since it’s raining heavily. (激しく雨が降っているので、今日は室内にいるつもりです。)
– Don’t forget your raincoat. It’s been raining all day. (レインコートを忘れずに。一日中雨が降っています。)

まとめ

「rain」と「raining」は、雨の状態を表す動詞ですが、時間帯や継続性の表現に違いがあります。雨の状態を的確に伝えるために、使い分けに気を付けましょう。