専門用語・業界用語

「practice」とは?「rehearse」との違いをわかりやすく解説!

この記事では、「practice」と「rehearse」の違いを分かりやすく簡単に解説します。

「practice」とは?

「practice」とは、繰り返し行うことによって特定のスキルや能力を向上させることです。例えば、楽器を練習する、スポーツの技術を磨く、言語の文法を学ぶなどが挙げられます。

「rehearse」とは?

「rehearse」とは、特定のパフォーマンスや出来事を事前に練習することです。例えば、劇やコンサートのリハーサル、プレゼンテーションの ensayo や模擬面接などが挙げられます。

「practice」と「rehearse」の違い

「practice」と「rehearse」の違いは、主にその目的にあります。前者は特定のスキルや能力を向上させることが目的であり、後者は特定のパフォーマンスや出来事に備えることが目的です。

「practice」の例文

1. 英語の発音に慣れるために、毎日少なくとも30分間英語を話す練習をしましょう。
2. このピアノ曲の難しい部分を上手く演奏するために、繰り返し練習しましょう。
3. バスケットボールのフリースローの成功率を上げるために、定期的にフリースローの練習をしましょう。

「rehearse」の例文

1. 来週の舞台公演に備えて、キャストは毎日リハーサルを行います。
2. プレゼンテーションの成功を確保するために、事前に模擬面接を行っておくと良いでしょう。
3. コンサートでの曲順を確認するために、バンドはリハーサルを行います。

まとめ

「practice」とは特定のスキルや能力を向上させるための練習であり、一方の「rehearse」は特定のパフォーマンスや出来事に備えるための事前練習です。それぞれの場合に合わせて適切に活用しましょう。