ビジネス・就職・転職

「customer」とは?「client」との違いをわかりやすく解説!

この記事では、「customer」と「client」の違いを分かりやすく簡単に解説します。

「customer」とは?

「customer」とは、商品やサービスを購入する人や利用する人のことを指します。

「client」とは?

「client」とは、専門的なサービスを提供する際にそのサービスを受ける人や団体のことを指します。

「customer」と「client」の違い

「customer」と「client」の違いは、購入や利用の目的や関係性にあります。「customer」は商品やサービスを利用する一般の人を指し、「client」は専門的なサービスを受ける人や団体を指します。

「customer」の例文

– 私たちのお店の「customer」は、常に満足していただけるように努力しています。
– オンラインショッピングで商品を購入する際、良い「customer」サービスが受けられるお店を選ぶことが大切です。

「client」の例文

– 弁護士は、クライアントの法的な問題解決に専門的な助言を提供します。
– ウェブデザイン会社は、クライアントの要望に合わせたウェブサイトを制作します。

まとめ

「customer」とは、商品やサービスを購入する人や利用する人を指し、「client」とは、専門的なサービスを提供する際にそのサービスを受ける人や団体を指します。どちらも重要な関係性であり、初心者にもわかりやすく丁寧な説明を心がけることが大切です。