英語

「come」とは?「about happen」との違いをわかりやすく解説!

この記事では、「come」と「about happen」の違いを分かりやすく簡単に解説します。

「come」とは?

「come」とは、英語の動詞で「来る」という意味を持ちます。例えば、「I come to the park.」では、「私は公園に来ます。」という意味になります。

「about happen」とは?

「about happen」とは、英語の表現で「起こる予定である」という意味を持ちます。例えば、「A big event is about to happen.」では、「大きなイベントが起こる予定です。」という意味になります。

「come」と「about happen」の違い

「come」と「about happen」の違いは、意味や使い方にあります。一つ目の違いは、「come」が「来る」という動作を表すのに対して、「about happen」は「起こる予定である」という状態を表すことです。また、使い方の違いもあります。「come」は自分自身が来ることを表すのに対して、「about happen」は他のことが起こることを表します。

「come」の例文

– I come to the park.(私は公園に来ます。)
– She comes to my house.(彼女は私の家に来ます。)
– They come to the party.(彼らはパーティーに来ます。)

「about happen」の例文

– A big event is about to happen.(大きなイベントが起こる予定です。)
– Something good is about to happen.(何か良いことが起こる予定です。)
– The meeting is about to happen.(会議が起こる予定です。)

まとめ

「come」と「about happen」は、それぞれ「来る」と「起こる予定である」という意味を持ちます。使い方や意味に違いがありますので、注意が必要です。まずは基本的な使い方を覚えて、自然な表現を身につけましょう。初心者にもわかりやすいように丁寧に説明しましたので、これを参考にしてください。