英語

「after」とは?「in」との違いをわかりやすく解説!

この記事では、「after」と「in」の違いを分かりやすく簡単に解説します。

「after」とは?

「after」とは、英語の前置詞であり、何かの出来事の後に別の出来事が起こることを表します。この場合の「after」は、ある時間やイベントの後に他の時間やイベントが続くことを指します。

「in」とは?

「in」とは、英語の前置詞であり、特定の期間や場所を指定するために使用されます。この場合の「in」は、何かが発生する期間や時間的な制約を表すことがあります。

「after」と「in」の違い

「after」と「in」の主な違いは、時間の表現方法です。つまり、「after」はあるイベントの後に他のイベントが起こることを示し、一方の「in」は特定の期間や場所に何かが発生することを示します。

「after」の例文

1. I will call you after I finish my work. (私は仕事を終えた後にあなたに電話します)
2. After the rain, the sun came out and the sky cleared. (雨の後、太陽が出て空が晴れました)
3. After I eat breakfast, I usually go for a walk. (朝食を食べた後、通常散歩に行きます)

「in」の例文

1. I will meet you in five minutes. (5分後に会いましょう)
2. The concert will start in an hour. (コンサートは1時間後に始まります)
3. She will arrive in Tokyo in two days. (彼女は2日後に東京に到着します)

まとめ

「after」と「in」は、時間や期間を表すための前置詞ですが、それぞれ異なる意味を持っています。前述の例文を参考にしながら、適切な場面でこれらの前置詞を使用してみましょう。初心者にもわかりやすく丁寧な説明となっていますので、気軽に使ってみてください。