専門用語・業界用語

「意図」とは?「意思」との違いをわかりやすく解説!

この記事では、「意図」と「意思」の違いを分かりやすく簡単に解説します。

「意図」とは?

「意図」とは、何かを行う際に持つ思いや目的のことを指します。つまり、何かをすることに対してなぜそれをするのか、どういった結果を期待しているのかといった意図が存在します。

「意思」とは?

一方、「意思」とは、自分自身の心の中で抱く意志や決意のことを指します。つまり、自分の意思を持って何かを行うことで、その行動に責任を持つことができます。

「意図」と「意思」の違い

「意図」と「意思」の違いは、行動の動機や目的の立て方にあります。意図は外部や他者への意思表示を含む場合があり、目的を達成するための手段や方法を意図に含んでいます。一方で、意思は自己の心の中で決意し、自己の責任において行動することを指します。

「意図」の例文

例えば、ある会社が新しい商品を開発する際に、その商品の販売数を伸ばすという意図を持つことがあります。この意図に基づいて、商品の開発やマーケティング戦略を立てることができます。

また、ある人が「プレゼントを贈る」という意図を持って、大切な人に特別な日に贈り物をするという行動をすることもあります。この意図によって、贈るものや贈るタイミングを選ぶことができます。

「意思」の例文

例えば、ある人がダイエットをすると決意した場合、自己の健康を守るために食事制限や運動を行います。この意思を持って行動することで、自己の体重や体脂肪率を減らすことができます。

また、ある人が社会貢献するためにボランティア活動に参加すると決意した場合、自己の時間や能力を提供します。この意思に基づいて、特定の団体や地域に支援や協力をすることができます。

まとめ

「意図」と「意思」は、行動の思いや目的を表す言葉ですが、その違いは行動の動機や目的の立て方にあります。意図は外部や他者への意思表示を含み、目的を達成するための手段や方法に着目します。一方で、意思は自己の心の中で決意し、自己の責任において行動することを指します。