専門用語・業界用語

「修正」とは?「訂正」との違いをわかりやすく解説!

この記事では、「修正」と「訂正」の違いを分かりやすく簡単に解説します。

「修正」とは?

「修正」とは、何かを間違っている状態から正しい状態に戻すことです。例えば、文書や文章の誤りを修正することや、不具合のある製品を修理することなどが該当します。

「訂正」とは?

「訂正」とは、何かの記録や内容において、誤りを正すことです。例えば、印刷物の誤植を修正することや、間違った情報を正しいものに訂正することなどが該当します。

「修正」と「訂正」の違い

「修正」と「訂正」の違いは、修正が一般的な誤りを修復することを指し、訂正が特定の文書や内容における誤りを修正することを指します。つまり、修正は広い意味での修復を指すのに対し、訂正は特定の文書や情報の修正を指すという違いがあります。

「修正」の例文

1. 論文の誤りを修正して、正確な情報を提供します。
2. 見積書の金額を修正して、正しい価格を示します。
3. レポートの表現を修正して、より明確な意味を伝えます。

「訂正」の例文

1. ニュース記事の誤情報を訂正して、正確な情報を伝えます。
2. 誤植がある本の記述を訂正して、正しい文章に修正します。
3. 翻訳の間違いを訂正して、正確な意味を伝えます。

まとめ

「修正」と「訂正」は、誤りを正すことを指す言葉ですが、修正は広い意味での修復を指し、訂正は特定の文書や内容の誤りを指します。文章や文書に誤りがある場合は、適切な場面で適切な言葉を使い分けることが重要です。